かかってこいや! …空回り一人旅…



馬鹿の恩返し

こんばんわ。
毎度仕事場からお送りしております。

さて、馬鹿の恩返しでございます。
何がといえば、職が見つからなかった間、お世話になった友達へ。
お金もないし暇もない、芸もなければなにもないっと・・・
手紙なんて渡してありがとうっていうのは簡単だけども味気ない。
そんなこんなで、何かいい案ないか思案中。



前回の続き。
支援を二つに強引に分けてみて、アグレッシブな支援と保守的な支援と。
あんまりにも強引に分けたため、自分でも境界線があやふやに・・・
まぁ、何とか。

狩り方の違いについて。
支援というポジションでありますから、どちらもそれほどに違いはありません。
でもそれじゃ分けたことにはならないので、強引に!

アグレッシブ:基本支援の掛け直しやヒール、マニピなどを最小限に抑えて他のスキルにまわ
         す。余裕をみて敵を釣ってきたり自身で殲滅を行う。また共闘も積極的に狙って
        いく。
保守的   :前衛の近くにいる。自分から敵を釣りにいったりあまりしない。
        こまめに支援の掛け直しを行う。
        LAなどのディレイを伴う支援を戦闘中に使用する事を避ける。
        
大雑把に。
で、実際のところ支援がこの二つのパターンしかしないわけがないので、そこんとこどうよ?
って聞かれても困ります。
あくまで大雑把ですので、えぇはい。


ですが、狩りをする相手や状況をみて、必ずどっちかにスイッチするはずです。
要は考えながらアグレッシブになったり保守的になったりするってことですね、はい。
敵が1体しかいないのにぼーっと横にいる人はいないだろうし、ぼこぼこ殴られてるのにLA連打したり敵釣りに行ったりする人もいませんし。
状況を把握してスムーズにスイッチしている人ってのが支援の上手い人ですね。

相手というか狩りに行く職によってもこの比重は変わってきまして、がちがちのVIT槍騎士何かと一緒だとガンガンに攻めの支援をしてく事ができますし、逆にAGI型のアサシンなんかと組むとあんまり無茶な攻めかたすると決壊しちゃいますし。
その場合は一体に使う時間を少なくするためDEX型ならHLで、VIT型ならLA入れてと工夫してやればいいだけですが。

そろそろ読書タイム突入ですので、この話はまた次回。
by himejihime | 2006-02-13 03:00 | 日記
<< 24再び・・・ バレンタイン >>


人生空回り日記